2010/05/27

【スペイン】バルセロナ


ニースから列車を乗り継ぎ、一日がかりでバルセロナに来ました。
首都間のアクセスはよいのですが、地方都市間は直通が少ないので、この辺はヨーロッパの列車の不便なところかなと思います。

先を急ぐので一日しか観光しませんでしたが、こちらも既に夏の陽気です。
観光客も大勢来ていて、1件目のホステルも満室な程でした。

以下、ガウディ建築中心に紹介です。

--

街をふらふら歩いていると、画材屋を見つけた。ほー、やはりスペインは芸術が盛んということかな。


天井から吊り下がっているのも、ショーケースに並べられているのも、全部ハムなのだ。是非とも試食したい。


こいつは、カサ・ミラというガウディの建築物。不思議な造形だ。


金属の彫刻部分。不用意に触ったら怪我するぜ。


そんでもって、相変わらず作成中のサグラダ・ファリミア。ほー、でかいね。「SOS」ってなんだろ。


天井部分。普通、ものを建てる時は、構造力学とかなんとか構造とかに則って設計するんだろうけど、こいつは柱が途中で3つに分かれちゃったりして、そういうのは考慮されていないような気がする。そういう発想が芸術として良いんだな。


聖堂内に重機がおかれていた。いつになったら作り終わるのだ。


外側も面白いのだが、建設中で全体像がよくわからんのだ。


キリスト像もガウディの手にかかれば、こうなってしまう。磔というかぶら下がっているみたいだ。


こいつが張本人のガウディだ。奇抜なことするなぁ。


スペインといえばパエリヤだ!海鮮のダシとレモンの爽やかさがたまらんぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿