2010/05/09

【スウェーデン】ストックホルム


ロヴァニエミからバスと電車を乗り継いで、ストックホルムまで来ました。

知ってはいましたが、北欧は物価が高過ぎです。
ビックマックのセットが1000円以上しちゃって、正気の沙汰ではありません。
パンにハムとチーズの生活です。
いつまで続くのやら。。

ストックホルムの宿のおばさんに、フィンランドの方がスウェーデンより日本人に人気があるらしいけどなぜかしら?
なんて質問を受けました。
うーん、なんででしょうね?不思議っすねぇ。と要領を得ない回答しかできませんでした。
確かに、ヘルシンキの方がストックホルムより小さいし、歴史的な見所も少ない気がします。
H&MもIKEAもスウェーデン発だし、フィンランドの方が田舎っぽいです。
北欧ブランドみたいなイメージがフィンランドの方が先行しているんでしょうか?

--

ロヴァニエミからストックホルムに行く途中で、下車した街の湖。まだ凍っている…北欧の春はまだまだ遠いようだ。


ストックホルムの旧市街地。細い路地がいくつもあって、いい感じです。それにしても、久しぶりにセブンイレブンみたな。


晴れていれば、もっときれいだったろうに、旧市街地の概観。


商業地区のメインストリート。それにしても、北欧に来てからH&Mの看板が多くなったな。


王宮。ちょうど、中州のようなところに旧市街地と王宮があるので、眺めがいいっす。


ふらふら歩いていたら見つけた、ノーベル博物館。そうだった!ノーベル賞の授賞式はストックホルムで行われるのであった。


博物館自体は、そんなに大したものはないっす。


日本人最初のノベール賞受賞者、物理学の湯川秀樹博士の紹介フィルムが上映されていたりする。


というわけで、ノーベル賞授賞式会場の市庁舎へ。ここで式が行われるのだ。意外に狭い。


小雨が降ってきた…まだ北欧の風は冷たいっす。

0 件のコメント:

コメントを投稿