2010/05/07

【フィンランド】ヘルシンキ


失意の中、タリンを後にしヘルシンキへフェリーで移動することにしました。

ビールと洒落込みながら、ターミナルでフェリーを待っていると、隣のテーブルに座っていた老夫婦に話しかけられました。
どうも様子がおかしく、身振り手振りで何かを言ってきます。
一瞬戸惑いましたが、どうやら聾唖の夫婦で、独りでいる東洋人が気になったようです。
世界一周をしようとしている、というようなのことを伝えると、お前すげーじゃん、と励ましてくれました。
この老夫婦は声がうまく言葉にならず、耳もほとんど聴けないばかりか、奥さんのほうは足腰も悪く補助車を使っていましたが、ヨーロッパを旅行しているとのことです。
チケットや飲み物を買うときなどは、筆談で交渉しており、よほど彼らのほうがチャレンジャーだと思いました。
結局、一緒に船旅を供にすることになり、タバコやらコーヒーやらをご馳走になってしまいました。

ヘルシンキのホステルで、ワルシャワで逢った日本人のちゃりんこ旅行者に偶然再会しました。
ヘルシンキからスカンジナビア北端のノールカップまで野宿しながら、自転車で行くとのことです。
ヨーロッパの移動は快適で結構早くていいですが、時間があればのんびり自然を愉しみながらちゃりんこで回る方がよさそうです。

お次は、盗まれたパソコンをクリスマスプレゼントに欲しい、とお願いしにサンタさんに会いに行ってきます。

--

失意の中、フェリーでヘルシンキへ。


フェリーの中ではノリノリの生バンドを聞きながら、酒を喰らっている。はぁ、とてもそんな気分にはなれんよ。


遂に北欧に上陸!写真は特に意味ないっす。


フィンランドといえばムーミンですな。


そして、NOKIAだ。この旅をしていて、アジアを含め、このNOKIA携帯の着信音と電源ON音を聞かなかった国はなかったんじゃないか、と思うくらい広まっている。すげーな。でも、日本メーカの携帯のほうがはるかに使い易いし、ハイテクだと思う。


ポーランドで逢った彼と、偶然再会。ランチは海際でビールとウインナーを頂いた。うめ~。


一応行ってみた世界遺産のスオメンリンナ要塞。サンポにはちょうどいい広さかな。


船かな…


街中にあるヘルシンキ大聖堂。でっかいっす。


その前でコーラの試飲缶を配っていた姉さんたち。フィンランド人ってやっぱ人ができているんだよな。ガイドブックを睨みながら歩いていると、「迷っているの?」と男女問わず若者が助け舟を出そうとしてくれる。いつもはこっちから話しかけて驚かすことはままあるが、今回ばかりはこちらが驚いたよ。


そろそろ限界に達してきたスニーカー。日本を発って8ヶ月、良くかんばってくれたが、中が崩壊しかけていて、靴下が破れてしまうのだ。そろそろ買い換え時かな。ニオイまでお伝えできなくて残念です。

0 件のコメント:

コメントを投稿