2010/06/28

【マケドニア】オフリド


スコピエがいまいちだったので、あまり期待をもたないようにオフリドまで来ました。

バスで4時間ほどで到着すると、民泊の勧誘おばちゃんたちが大量にバスターミナルにいました。
旅行者と思われるのは私独りなので、激しい争奪戦が始まりす。
「キッチンもインターネットもついて7ユーロだよー。うちにしなよ。」
と、皆さん写真を持って迫ってきます。
といっても、皆ファシリティも値段も同じなので、なかなか決め手がありません。
そのうち、「うちは旧市街地から近いよ。」なんて言って来たので、そこに決めることにしました。
ニコニコしながら先導するおばちゃんに着いて行くと、どうも旧市街地の方向とは違うように感じました。
しかし、家の前まで行ってみると、かなり立派で新しいのです。
これで7ユーロは安いなー、と思いましたが、最初に言っていた旧市街地の近辺ではありませんでした。
他の民泊もこの辺りのようなので、しょうがないなー、ということでここに決めました。

オフリドなかなか◎です。
湖も山もきれいだし、古びた教会もいいダシ出してますわ。

※フランス・ニース、スペイン、ポルトガル、ドイツのブログをアップしました。

--

オフリドの中心部。スコピエと違って結構きれいじゃん。一応、世界遺産の街だもんな。


目抜き通りも、ツーリスティックに仕上がっている。あんまり人はいないけど。


オフリド湖畔。山もなかなか迫力あるし、水もきれいだし、いいじゃなーい。キャプテンのような帽子を被っているおやじさんが、クルージングするか?と聞いてきた。独りだしなー、すまんが歩いて回るわ。


旧市街地はほとんどが民家で、他国で見られたようなツーリスティックな補修はしていない。その辺りは好印象だ。


旧市街地の端にある岬まで行くと…聖ヨハネ・カネヨ教会が見えてきた。こういった、古びた教会、好きだな。振り返ってみると、教会の写真が多いがする。宗教施設、結構好きかも。


近くにある、聖パンテレモン教会。湖に教会という組み合わせが、ぐっとくるぜ。


屋根の部分は、レンガで細かく積み上げている。


イコン画も久しぶりに見たなー。恐らく、ブルガリア以来だ。


水道にまで聖人が描かれている。ちと、飲みずれーよ。


旧市街地が一望できるという、サミュエル要塞に登った。あんまり整備されていないなー。


眺めはなかなかいいす。オフリド、期待以上によかったぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿