2010/06/18

【オランダ】アムステルダム


これだけヨーロッパの街を訪れると、いい加減飽きてくるものです。
一通り、モノもサービスも揃っているし、清潔だし、あれ程嫌だったアジアの野暮ったさが、面白かったと思うようになります。
基本的に東洋人に対して、イランのようにはち切れんばかりの興味があるわけでもなく、大抵の西洋人はグループで来て、ビール飲みながらギャアギャア騒ぐだけなので、話しかけなければ自分のペースで街が歩けるのですが、アジアのような面白い事件やうざったい絡みもありません。
その辺の刺激はだいぶ少なくなってしまうので、ちょっとつまらないなと最近思います。

アムステルダム、そんなに見所ありませんが、活気があってなかなかよいです。
しかも、ワールドカップムードで明日は日本戦。
物価も結構高いので、そそくさと逃げねば…。

※フランス・パリとイタリアのブログをアップしました。

--

アムステルダムは幾重にも運河が張り巡らされている街だ。


ダム広場。一応、ここが街の中心だが、


ご覧の通り、王宮は工事中で全面幕で覆われていた。工事中多すぎじゃね。


ここから先は飾り窓地区だ。英語で「Red District」。つーか、知らない間に歩いていたぞ。おばちゃんからお姉ちゃんまで、ブリブリの格好で手を振っている。売春は合法だが写真はご法度らしい。


麻薬も合法だ。「来て、見て、吸って」じゃねーよ。はっぱでブリブリになった奴がわんさかいると思ったら、そうでもない。ハッパ専門喫茶店の中も結構閑散としていて、儲かってんのかなー、って感じだ。


グッズも取り揃えているぞ。


そんなオランダだが、陰々滅々していなくて、活気がある街なのだ。


そういえば、明日は日本VSオランダ。アムステルダムもワールドカップムードでいっぱいだ。負けてくれ、オランダ。


ゲイとレズビアンのインフォメーションセンターまであって、なんでもありのオランダ。それでも成り立っているのが不思議なもんだな、この国。

1 件のコメント:

  1. オランダ、麻薬合法なんだね~。のり●事件の時に知った!

    出た!飾り窓。
    写真見たかったな~。

    返信削除