2010/06/23

【クロアチア】ザグレブ


リュブリャーナから電車で3時間、あっけなくクロアチアの首都ザグレブに到着しました。
降りたとたん、えらい強風と落書きの多さにはあっけをとられ、挙句の果てにはタバコを吸っていると、おっさんが近づいてきて、一本くれや、とせがんできます。
そんな奴は無視して、今日の寝床を探さねば。

ここ、ザグレブには日本人が経営する安宿があるとのことで、行ってみることにしました。
インターネットで行き方は調べてあったので、トラムに乗って近くまで行きました。
通り名を確認しながらウロウロしていると、ガンガン吹いてくる強風のせいで、大木が根元から折れてしまい道を塞いでおり。警察と消防らしき人たちが、木をどけていました。
警察に聞いてみるのが、手っ取り早いと思い、ホステルの場所を聞いてみると、
「うーんわからんな、ちょっとまて。」
と車から地図を取り出しました。
と、そんな間もなく、どこからかおっちゃんが登場。
警察がこの東洋人が道を聞いているんだ、みたいなことをおっちゃんに言うと、
「その住所知ってるぞ、こっちだ。着いて来い。」
と、親切に教えてもらいました。
過度の期待はしていないのですが、困ったときに助かることが多いのは、都会ではなくやっぱり田舎だなー、と思います。
で、目的の宿に着いたのはよかったのですが、どうも様子がおかしいのです。
日本人が経営していると聞いていたのですが、受付は地元のお姉さんだし、客も外人ばかり。
「すんません、ここって日本人が経営していると聞いたのですが?」
「あー、実は同じ名前の宿があって、そっちは日本人がやってるみたいよ。」
「はっ、そーなんですか!」
まぁ、そこまでこだわっていなかったし、宿の設備も値段も申し分なかったので、結局ここに決めてしまいました。

次の日、ザグレブの街を歩いてみたのですが、人通りも少ないし、閉めている店も多く、この国大丈夫か?と思いましたが、よくよく調べてみると「反ファシスト闘争記念日」とかいう祝日でした。
観光に差し支えはありませんが、天気も悪いし、最近ついてないなー、といった感じです。

--

ザグレブ中央駅前。そういえば、カズって昔ザグレブのクラブチームにいたような気がする。


目抜き通りのイェラチッチ広場。なーんか、閑散としている。廃れてんのかなー。


目玉の一つ、聖母被昇天大聖堂。お前も工事中か。ここ何年かこの状態らしいが、いつになったら終わるんじゃ。


旧市街地のレストラン街。そういえば、前のワールドカップでクロアチアと戦ったな。今回は出場できなかったようだ。


石でできてないが、石の門。


中では、ロウソクに火を灯してお祈りする人の姿があった。


屋根のモザイクがカッコイイ、聖マルコ教会。


実はこの街、落書き多し。裏路地に入ると、ガッツリですわ。


ゴミ箱漁っているおっさんもいるし、お次のドブロヴニクは大丈夫かなー。あ、今日は反ファシスト闘争記念日という祝日。そうならそうと、宿の人も教えてくれりゃいいのに。気が利かねーな。

2 件のコメント:

  1. パリ、めっちゃ被ってるやん!!
    (なぜか関西弁)

    連絡取れていたらホテルに泊めてあげたのにー

    でもよかったでしょ?パリ。
    私も知人と久しぶりにエッフェル塔に登りました。夜景
    もキレイでよかったわ。

    もちろん買い物もいっぱいしたよー。
    それはもう破産しそうなくらい。。

    ちえぽん

    返信削除
  2. そうそう、被ってるじゃんと思ってメールしたんだけど、届かなかったみたい。
    1日で怪しい宿はお暇したよ。

    パリで物欲爆発だねーw

    返信削除