2010/07/12

【トルコ】カッパドキア


トルコ観光のハイライトであるカッパドキアに来ました。

カッパドキアお決まりである、奇岩を刳り貫いたペンションに泊まることにしました。
もちろん、ドミトリーなんですが、たまたま同日についた日本人男性と一緒になり、意気投合して観光を共にすることにしました。
この人、私の主観ですが格闘家の桜庭和志(以後、桜庭氏と呼ぶことにする)に似ていて、元大手電気メーカのエンジニアです。

カッパドキアの魅力は写真でお伝えすることとして、そもそもここは居心地が良すぎます。
奇岩洞窟部屋はひんやりしていて、健やかに安眠することができるし、部屋でインターネット無料、テラスからの奇岩の眺望、旅人を惹きつける最大の要因である静かで穏やかな村、沈没を誘う罠がいくつも仕掛けられています。
とうわけで、桜庭氏と3泊もしてしまいました。

お次は桜庭氏とシリアに向かいます。

--

どの宿も、岩を刳り貫いた部屋を提供するのがウリだ。


こいつが洞窟部屋。外は暑いのだが、中はひんやり。快適すぎて、何時間でも寝れてしまう。堪らんわ~。


桜庭氏とグリーンツアーっていうのに参加した。カッパドキアは客引きが悪質だと聞いていたが、噂ほどでもなかったな。むしろ、ツアーのコースも値段ももはやどこもほとんど同じ。悪徳商売みたいなことは止めたんかな。ギョレメパノラマとお土産モノ。


カッパドキアは奇岩だけがウリではないぞ。地下都市とか教会なんかが、広範囲にわたって点在するのだ。こいつは蟻の巣のようにつくられたデリンクユ地下都市。そりゃ、暑いもんな、地下に潜りたくなる気持ちはわかる。


ウフララ渓谷でまったり散歩。


川で遊んでいた少年。「うきゃー、撮らないでくれよ~。恥ずかしいよ~」とか言ってたが、本当は撮って欲しかったんだろ。


セリメ修道院。崖を刳り貫いたところに、住居の跡や教会がある。


ほー、立派じゃないか。


宿のすぐ裏手にある、絶景ポイント。夕日で赤く染まる奇岩。


なぜか馬もいた。


桜庭氏が気球ツアーに参加したので、ノコノコついていくことに。間近で気球を見るのは初めてだ。


準備をしている間にも、あちらこちらか気球が上がって来た。110ユーロでアナトリアの大地を空から堪能できるんだが、私には予算上苦しいっす…。


いやー、すげーっすわ。気づいたら20以上の気球が浮いていた。朝日を浴びて、なお美しいっす。


着陸後、シャンパンで祝杯。


乗ってないけど、乾杯!

--
※宿
TravellersCavePension

0 件のコメント:

コメントを投稿