2010/07/13

【シリア】アレッポ


アレッポ、歩いていてかなり気持ちのよい街です。
みな親切だし、基本的に親日のようです。
しかも、過剰な親切や無駄な絡みがなく、素直な人たちばかりです。

街並みはうす黄色い石造りが多くなり、頭からスカーフを垂らして輪で留めているムスリムも多くなり、アラビアンな雰囲気になりました。
何かとキナ臭い噂が絶えない中東ですが、実は旅行者の中では結構人気が高いです。

--

アレッポといえば、石鹸だ!これを目当てにアレッポに来る旅行者もいるほどだ。


シリア人はいい奴多いんだよなー。街角でクランベリーかなにかのジュースを売っていた兄ちゃん。旅行者ずれしていないし、「Welcome to Syria!」と何度聞いたことか。


アレッポの名物でもある、スークといわれているマーケット。久しぶりに活気があるマーケット。アーケードになっていて、涼しいしぜ。


カッコつける、肉屋のおっさん。


スークを抜けると、そこはアレッポ城だ。1400年間、難攻不落の城だったそうな。


なかなかいい面構えをしている。


石の整形がきれいに仕上がっている。いい仕事するなー。


円形劇場。そのプラスチックの椅子はいかがなものか。


城から見たアレッポの町並み。石でできた家々がアラブっぽいなー。


城内にある宮殿。


民族衣装を着るマネキン。


キリスト教地区を歩いていると、ノリノリ(死後ですな、勘弁してくれい)の兵士が、「写真撮ってくれや~」と群がってきた。トルコとイスラエルの兵士らしいが、なぜここにいるのかわからん。本物なのか偽者なのかもよくわからん。

--
※宿
スプリング・フラワー・ホステル
50 m off Marry St. Aleppo

0 件のコメント:

コメントを投稿