2010/11/27

【アルゼンチン】メンドーサ


メンドーサは南米最高峰アコンカグアへの拠点となる街です。
とはいえ、街はちらほら旅行会社とかアウトドア用品店が見られるだけで、ごく普通の中規模の都市といった感じです。

バスターミナル近くの宿が激安と聞いて行ってみると、イスラエル人旅行グループが大量に押し寄せていました。
イスラエルでは18歳になると徴兵に取られ、3年間の軍隊生活終了後、皆海外旅行に出かけるようです。
パタゴニアでもよくみられましたが、よほど軍隊生活がつまらなかったのか、皆さん素行がずいぶんやんちゃで評判はあまりよくありません。
「おー、日本人か。なぁ、サムライって日本か中国かどっちなの?」
はい、出ました、時代錯誤、頭の悪いお決まりの愚問です。
アフリカ人はよく日本人を見てカンフーの物まねをしていました。
「あぁ、日本だけど」
「そっかー、忍者もか?おーそうか。じゃぁ、中国は何なんだ?」
めんどくせー、何だそのトンチキな質問は?
「カンフーじゃねーの」
「なるほどね」
「…」
このイスラエル人のアジアの認知度はアフリカ人レベルでした。
悪気はないんでしょうけど。

イグアスの滝を目指すべく、一旦コルドバという街を目指します。
ぼちぼちアルゼンチン出たいなぁ。

--

蛇のようにのたうつ道。サンティアゴ、メンドーサ間の移動はアンデス越えだ。険しい山々が窓の外を流れる。


席からだと正面からのショットが撮りずらいんである。ここはいっちょ、助手席にお邪魔してシーニックな眺めを堪能させていただくとするか。この人、運転手さん。お疲れ様です。


これこれ!急斜面、岩肌剥き出しのアンデス山脈。


またしても国境越え。チリとアルゼンチン、俺は一体何往復したんだ?パスポートはスタンプだらけになっちまったよ。


メンドーサに宿を取って、次の日南米最高峰アコンカグアを仰ぎ見るべく、再び国境付近までやってきた。ここまで3時間以上かかるんですわ。しかし、誰もいねー。


昨日通ったイミグレーションの裏からトレッキングルートが延びている。おおっ、アコンカグアがチラッと見えた。ホント、なぜ誰もいない?


俺もリッチ・ガイならキャッキャ言いながら、ヘリで空中散歩したいです。


雲一つない快晴だ。白く雪を被っているあいつがアコンカグア。


アップでどうぞ。


6962m。たまにはトレッキングもいいもんだな、うん。


翌日は夜行バスの時間まで暇だったので、メンドーサの街を歩いてみた。はっきりいって、アルゼンチン、チリの街はどこも似ていて特段面白味はない。


サン・マルティン公園というでかい公園に行ってみた。昼下がり日差しが出ていて、結構暑いっす。そろそろシエスタ(昼休み)の時間だなー。俺もエネルギー補充しないとなー。


つーわけで、ビール頂き。アンデス・ビールっすよ。グビグビ…うめっ。


ガソリン満タンにしたところで、園内にあるグローリアの丘に登ってみる。特別眺めがいわけでもないなー。


こんな感じでメンドーサ終了。そろそろアルゼンチンにも飽きてきたなー。後はイグアスの滝を見に行くだけだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿