2010/11/05

【アルゼンチン】プエルト・マドリン


まだまだ見所のありそうなブエノス・アイレスに後ろ髪を引かれつつ、南米の南端、ウシュアイアを目指します。

ひとまず、パタゴニアの中間地点にあるプエルト・マドリンに来ました。
ここは、バルデス半島を回る拠点になる街で、観光客がよく訪れています。
バルデス半島ではクジラ、ペンギン、オットセイなどが見られるのですが、このあたりの動物は既にナミビアと南アフリカで見ているので、パスすることにしました。
結構、ツアーのお値段も高いです。

とはいえ、クジラがボートから見られるというのは、なかなか魅力的なので、試しに宿のツアーデスクに聞いてみました。
「明日、クジラ見たいんですけど。」
「うーん、明日はダメね。天気が悪いから、多分ボートが出ないわ。」
はい、終了。

街歩きしようにも、しとしと雨が降って肌寒い始末です。
というわけで、ここはトランジットで終わりました。

--

こいつがアルゼンチンの座席だ。かなりリクライニングするし、写真には写っていないがフットシートもあるし、寝心地抜群。起きているのがもったいねーぜ、って感じだ。


ひたすらパンパが広がる大地。時たま、将来我々の胃袋を満たしてくれるであろう、牛ちゃん達が草を食んでいるのが見える。


このドス黒いのは雲っす。怪しすぎるぜこの空。ババババ…!この後、雹が降ってきてきやんした。プエルト・マドリンに着くまでには、天気回復しているといいのだが…


パタゴニアの入り口、プエルト・マドリンだ。街自体は特に何もないっす。雨降っているし、寒くなってきたし、もう宿に帰りてーよ。


海に突堤があったので、しょうがなく行ってみた。風が強えぇ…


砂浜もビシャビシャだ。


突堤にあった標識。「飛び込むな」ってのは、わかったけど、絵がハードルじゃおかしいだろ。

0 件のコメント:

コメントを投稿