2010/08/20

【スーダン】ゲダレフ


ハルツームはさっさとおさらばして、エチオピア国境近くの街、ゲダレフに向かいました。
所要6時間程度と見込んでいましたが、途中、バスの故障で倍近くかかってしまいました。
特にラマダン中なので、移動中の飲み食いは日没までしないので、かなり辛いものがあります。
まあ、私の場合は適宜、水やコーラを飲んでいるので、渇きには対応できますが、日中はずっと腹減り状態です。

ゲダレフ自体は小さな町で、せいぜい1km四方に商店やレストランが並んでいるだけです。
ここまでくると、暑さはだいぶ和らぎ、移動中に見える景色にも緑が増えてきました。

スーダンでアラブの国は終わりになります。
イスラム教については、良い所、悪い所、感じるところが多くありました。
この辺りは、また別の機会に書こうと思います。

明日、エチオピアに入国します。

--

デラックスなバスのくせに、故障しやがって…。ドライバーのおっちゃんと助手がせっせと直している。


と思ったら、1時間くらいで修理を諦めた。よくわからんが、ハルツームから別のバスがやってくるらしい。おい、ここまで既に4時間以上は走ってきてるけど、ほんとに来るのか?スーダン人も呆然として待つのみ。結局ここで、4時間近く進めず。


最終的には別のバスに相乗りという形で先に進むことになった。調子よく走っていたら、急にバスが止まり、みんなぞろぞろ降りていく。ああ、お祈りの時間ね。ラマダン中なので日没と同時に簡単な食事を取り、みんなそろってお祈りです。バスでぼさっと待っていたら、お前も食えと、異教徒の私にも飯とチャイを持ってきてくれた。スーダン人マジいい奴。


ゲダレフの街の様子。ほとんどが平屋で道の両脇は未舗装といった感じだ。観光資源があればまだしも、何もないんだよな。結局、出会った外国人はフェリーで会った欧米人3人だけだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿