2010/08/11

【エジプト】ルクソール


古代の遺跡が見られるルクソールに来ました。
エジプトの遺跡の多くは、ナイル川沿いにあり、都市も川沿いにあります。
自転車でカルナック神殿やラムセス3世葬祭殿などを廻ったのですが、砂漠の日差しにはかなりやられました。
カイロと違い、夜になってもあまり暑さが和らぎません。

ルクソールはカイロと違い、ツーリスティックな街です。
無遠慮で強引な土産屋の客引きや、ぼったくりが酷くなってきました。
次のアスワンも推して知るべし…

--

ラムセス2世が建てたカルナック神殿。観光客で賑わっております。


列柱の一つひとつには、ヒエログリフが描かれている。おお、まさにエジプト文明じゃん。


壁画も大きく描かれていて、わかりやすい。でも、ガイドを雇っていないので、何を意味しているかよくわからないっす。


ずらりと並ぶスフィンクス。


お次はナイル川の西側に渡って、ラムセス3世葬祭殿を目指す。


誰もいないじゃん!遺跡まで2km程ある。暑い…持参していたミネラルウォーターがお湯になっているじゃねーか。


自転車で直線をひた走っていると、メムノンの巨像が見えてきた。ここまで来るのに、すでにコーラを1本空けてしまった。


こいつが、ラムセス3世葬祭殿。さすがに暑い昼下がりは、人もまばらだ。


でかでかとしたレリーフが印象的だ。


回廊のレリーフは色彩が残されていてきれいだ。当時はずいぶんカラフルに描かれていたんだなー。


柱のレリーフも堀が深い。ラムセス3世葬祭殿、かなりいいっすわ。


さらに2km程離れたところに、ハトシェプスト女王葬祭殿がある。崖の下に建てられているところが、乙だな。


中は、カルナック神殿・ラムセス3世葬祭殿ほどの見事なレリーフはなく、こぢんまりしている。


実は1997年に、ここで銃乱射テロ事件があって日本人も犠牲になった。辺りは身を隠すところがないので、ここで発砲されたら本当に逃げられない。今では、ソルジャーやポリスが常駐しているし、あちらこちらで検問も行われており、治安強化がなされている。


葬祭殿から見えた墓群。はぁ、ここまでくるのに水分3リットぐらい摂ったぜ。もう暑くて無理じゃ。あそこまで行く気力がない…宿へ帰ろう。

--
安宿情報
エベレストホテル
Television Street, LU70 7XO, Luxor

0 件のコメント:

コメントを投稿