2010/08/18

【スーダン】ワディ・ハルファ


飛行機以外の手段でスーダンに行くには、ナイル川を上って行く、この悪名高きフェリーを使うしかありません。
どんなもんだろうと、当日、アスワンハイダムの港に行くと、大勢のエジプシャンとスーダニーズが大量の荷物を引っさげて、待機していました。
週1回しかないこの航路にのる旅行者は私を含め4人でした。
外国人待遇でイミグレーションの処理を優先してもらい、いざ船着場に行ってみると、なんとも小さいフェリーが浮かんでいます。
この人数とこの荷物を搭載するわけで、えらい混雑が予想されます。
結局、朝10時に搭乗したわけですが、出航したのは夕方6時ころ。
船室にも足の踏み場もないほどに荷物が詰まれ、その間に人間が寝る、といった様相です。

翌日の昼12時頃、無事スーダンの国境の街、ワディ・ハルファに着きました。
この街、本当に何もないです。
ダメ元で聞いてみましたが、インターネットカフェもありません。
水は、ナイル川から汲んできた泥水で、生活用水としてこれを使うしかありません。
食堂で食べた魚のフライも、泥の風味が残っていました。

しかし、スーダニーズは基本的に好印象です。
観光地化されていない、というか特に見るものがないのですが、ボッタクリの類がなく、親切です。

--

船内の様子。テレビとかジューサーが運び込まれ、エライことに…。ただし、クーラーはガンガンに効かせてあるので、暑さにやられることはない。


デッキにも荷物が置かれ、その間に人間が寝ている。もっとマシな船はないのか!



無事、ワディ・ハルファに着いた。300kmくらいしかないのに、何で搭乗から24時間以上もかかるんじゃ。もう、ボロ船には乗りたくねー。



ワディ・ハルファの街並。何にもないし、暑くて誰も歩いていない。さっさとここを抜け出せねば。

0 件のコメント:

コメントを投稿