2010/12/30

【ペルー】ナスカ


地上絵を見るべく、ナスカにやってきました。

数ヶ月前に2機連続でセスナが事故ったと聞いていて見るのは止めようかと思っていましたが、各航空会社が事故後に新しい機体に入れ替えていると情報を得たので、思い直しました。

ナスカに着くなり、客引きのおっさんおばちゃんに囲まれました。
どうせ高い値段で地上絵フライトをふっかけてくるだろうと、これまでのペルー人を見てきていてわかります。
ここはお目当ての宿まで車で送迎してもらい、フライト情報を自分の足を使って確かめるのがよさそうです。
さっさと荷物を宿において、いくつか旅行会社を回り情報収集をしてみましたが、ペルー人は相変わらずの適当っぷりです。
あるおっさんは今日はフライトは満席だから明日来いといい、あるおばちゃんは今日は空いているといいます。
また、値段も皆言い値が異なるし、フライト時間もバラバラという始末です。
フライト料金にマージンをプラスしているだけなので、どんだけそれを下げるかが勝負になるわけです。
結局、聞いた中では最安値で小型セスナにすぐに乗れる、といってきたおばちゃんに頼んでみることにしました。

空港まで送迎してもらい、おばちゃんと航空会社のカウンターに同行すると、「今日は小型のセスナはもうない。中型機ならある」と言ってきます。
おいおい、さっき電話で確認してたんじゃないの?と思いましたが、見れりゃどっちでもいいやと思い、カウンターの人に値段を聞いてみると先ほど提示された値段より安いじゃありませんか。
そんなこんなで申し込みをしていると、おばちゃんは「やっぱり小型セスナが空いていたから、さっきの料金を払え」と言ってきます。
どうやら、カウンターで直接値段を聞いて支払ったため、おばちゃんの取り分がなくなってしまった模様です。
「いやいや、もう申し込んじゃったし、さっきないっていったじゃん」
「ちょっと混乱していたの。こっちにしないと、街までの送迎はなしよ!空港までの送迎分も払いなさい!」
「そりゃ、あんたのミスでしょ。もう、いいや、帰っていいよ」
あまりの強欲さに同行していた日本人も呆れ顔です。

と、ありがちなトラブルに遭遇しましたが、無事にナスカの地上絵を見ることができました。
そろそろ、こういう安直な仲介業とかボッタクリとかはやめて欲しいものです。

お次は、リマです。
年末年始はリマで過ごすことにします。

--

ナスカの空港。最近墜落事故があったらしく、各社新機体を入れたため価格が跳ね上がった。まぁ、古くて危ないセスナに乗るより新しくて安全な方がいいよ。


このセスナでレッツゴー。14人くらい乗れる。


パイロットのすぐ後ろの席を確保。事故があって以来、副操縦士も乗り込むようになったらしい。命預けたぜ~。


機内の様子。席は2列―1列シートになっている。よくわからんが、このセスナには日本人と韓国人しか乗っていなかった。この時期は年末年始の休みを利用してきている旅行者が多いな。


乾いた大地が広がる。


「ハイ、トモダチ~、ウチュジンデス~!」パイロットが日本語を喋り始めた。上空からだと結構小さく見えるうえに、見えている時間は10秒程度なので皆必死に探し始める。「おぉっ、あれだ、あれだ!」ガイドブックには宇宙飛行士とかいてあるが、こいつはコミカル過ぎるなぁ。


「ハイ、トモダチ~、ミギニサルネ~」セスナは両側の席から見られるように、右回り左回りと両方旋回してくれる。うげげ、この揺れは酔うかも…。おお、すげー、ちゃんと描かれているではないか。片方の手の指は4本しか描かれていないとこに注目。


「トモダチ~、ツギハ、ハチドリ~」こいつは100mくらいある。ナスカの地上絵を研究したマリア・ヘライという人のプラネタリウムでは、彼女の研究結果をわかりやすく解説している。こういった絵は星座を表しているんだとか。やべー、ちょっと酔ってきた。


砂漠に突き抜ける、パンアメリカン・ハイウェイ。地上絵と共に描かれている無数の直線も意味があって、太陽や月の軌道を示しているそうだ。


クモはオリオン座の星の位置と一致するといっていた。結局ははっきりしたことはわかっていないんだけどね。ナスカに来て、2000年前の人がこんだけでかいモノを描いて、何考えてたんだろ?と妄想するのは結構楽しいかも。しかし、こりゃ酔ったね。朝食のスクランブルエッグが出てきそうだ…。


全部で10以上の地上絵を見たかな。無事着陸。実際に上空から見ると結構興奮するもんですね。地上に降りたらあっさりと酔いは治りました。なかなか面白かったぞ、ナスカの地上絵。

--
※宿
Hotel El Mirador de Nasca
Jr. Tacna 436 Plaza de Armas

4 件のコメント:

  1. ううう
    すげ〜〜
    見に行きたい!!
    でも酔っちゃうのかぁ
    無理かな・・・私・・・ToT

    返信削除
  2. フライト時間はせいぜい30~40分程度なので、頑張って耐えられるかなーと思いますよ。

    パイロットが少し日本語を喋るので、面白いっす。

    返信削除
  3. これ見ました??

    http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY201101180499.html

    返信削除
  4. 今朝、日本人の旅行者に新しい絵が発見されたと聞いていたのですが記事を見たのは初めてです。
    数メートルしかないみたいでちいさいですね。
    多分、セスナからは見えないですw

    返信削除