2010/12/05

【パラグアイ】アスンシオン


日系の方が経営しているというホテルに泊まってみました。
普通のビジネスホテルといった感じで、久しぶりのシングルで多少値は張りましたが、レセプションの人も日本語が話せて不自由ありません。
おまけに、併設されているレストランが日本料理屋で久しぶりに(いつ振りだろ?)ハンバーグ定食を頂きました。
最近、容易に日本食が食べられるので、ここぞとばかりに食いついてしまいます。

パラグアイの首都アスンシオンですが、特に見所ありません。
おまけに土曜日ということもあり、中心部はほとんど人が歩いておらず、閑散としていました。
アルゼンチンとは異なり、スペイン系の人はあまり見かけずメスチソが大部分を占めており、街のグレードもだいぶ落ちます。

お次は南米最貧国とも言われている、ボリビアに行きます。

--

屋台系が増えて、東南アジア的な雰囲気だ。


ファストフード系屋台はとてもありがたい。一人だといちいちレストランに入るのもめんどくさいし、簡単に手っ取り早く食事を済ませられるのが嬉しい。


中心街は一国の首都にしては、やれやれトホホな感じだ。おまけに土曜日ってこともあって、ほとんどの商店はピシリとシャッターが下りていて人通りも少ないっす。


メルカド4というマーケットは賑わっていた。どこにでもある系のマーケットで安いアパレルやら雑貨屋台が所狭しと並んでいるだけだ。


スイカ、ほじほじ。


土産屋の少女。


国会議事堂の裏手に広がるスラム街。周辺ではポリスが常駐して警備に当たっているが、不用意に近づかないようにね。


黄色い消防車発見。ぱっと見、ずいぶん機能が充実しているなーと思ったら、


千葉市が寄贈していた。カメラを構えたら、嬉しそうに「おぉ、撮れや撮れや」と消防署員が促してくれた。日系人も結構住んでいるみたいで、パラグアイは日本とはずいぶんつながりがあるんだな。


アスンシオンの街並み。全体的に古ぼけていて、ぱっとしないんである。こんな感じで終わりっす。

--
※宿
ホテル・内山田
CONSTITUCION 763 ASUNCION

0 件のコメント:

コメントを投稿