2009/12/28

【ネパール】ルクラ


世界最高峰エベレストを肉眼で見てくるという野望の元、ヒマラヤトレッキングの情報収集をしてみるとパックツアーで行くと高くつくことがわかりました。
地図を見るとエベレストの見えるナムチェまではほぼ一本道です。
ということで、ガイドなしポーターなしの単独で決行することにしました。
トレッキングのスタート地点であるルクラまでの飛行機を予約し、防寒装備を揃えていざ出陣です。

ルクラに着いたところから既にヒマラヤの景観を見ることができ、眺めは最高です。
高山病を恐れつつ途中の村で一泊して、ようやくナムチェに着きました。
近くのシャンポチェの丘に登っていくと、いくつかの名峰のその奥にエベレストがありました。
ヒマラヤは富士山のように美しいというより、いくつもの険しい山肌が近くに迫っていて圧倒されるという感じでした。
丘の上の仏塔の近くで、四方をヒマラヤの山々に囲まれながら一時間近く眺めていました。
飛行機代の出費が少し痛かったですが、ヒマラヤに来てよかったと思いました。

--

とてもきれいなヒマラヤの山々。この時期は晴れることが多く、トレッキングに適した季節だ。


川も緑もきれいっす。トレッキング日和だわ。私の日ごろの行いがよいからに違いない。


所々に村があって、トレッカー達は食事をしたり泊まったりすることができる。青い窓枠はシェルパ族の村の家の特徴だ。


ナムチェのバザール。物資はルクラから男たちがわざわざ山道を背負って来る。老年トレッカーが高山病でひぃひぃ言って登ってくる山をサンダルで駆け上がっていく、頼もしいシェルパ族。


トレッキングの途中、道行く人にミカンを売っていた少年。


ナムチェの村はちょうど馬蹄のような形をしたところに、家を構えている。


途中、シェルパ族の老人が道案内をしてくれた。エベレストが見えるシャンポチェの丘までもう少しだ!


丘の上にはストゥーパが。


こ、こいつがエベレストなのか!どれだかわからず、その辺を歩いていたシェルパ族に聞いてしまった。


巨大な山に囲まれると、その存在感に圧倒される。おぉ、見に来てよかったぞ!


カッチョイイねー。


安い宿に暖房設備なぞないのだ。朝起きて窓を見ると、部屋の内側に結晶ができていた。


ルクラの空港。山の斜面に滑走路がある。


こいつは着陸時の写真だが、離陸時はこの斜面を利用して加速しているようだ。ちゃんと飛ぶか、ちと怖かったぞ!

0 件のコメント:

コメントを投稿