2011/04/20

【アメリカ】ロサンゼルス


とうとう北米編です。

国境は噂に聞く通り混雑しており、イミグレーションからはみだして50mくらい列ができていました。
アメリカは入国に関してかなりセンシティブですが、特にねちっこい取り調べも放置プレイもなく、むしろ「おお、70ヶ国も旅してんのか。すげーじゃん」ってな感じでフレンドリーでした。

アメリカに入ってからというもの、当たり前ですが抜群の発展具合、インフラの快適さに無性に悦んでしまいましいた。
全体的にアメリカ人は明るく対人能力が高いのであまり不快な思いをしません。
これまで会ったアメリカ人旅行者からも同じ印象を受けました。

観光の方ですが、エンターテイメントに投じるほどの充分な資金は用意しておらず、私の場合は街歩きが基本なので、有名所をポツポツ回った程度です。
ロスはかなり広いので、公共交通機関を利用すると移動に時間がかかります。
郊外のテーマパークやビーチに行きたい人はレンタカーがあるとよいと思います。

こんな感じで、中米縦断が終わりアメリカ横断が始まりました。

※国境情報
アメリカへ抜けるには、あらかじめESTA申請とアメリカ出国チケットを用意する必要があります。
イミグレーションはアメリカ滞在申請用と国境通過用の2列に分かれており、まずは「Permit」と掲げられている前者の方に並びます。
ここで、上記の2つの書類を見せてパスポートにスタンプを貰い、6ドルのTAXを払います。
その後、後者の列に並び、係官にパスポートを見せて晴れてアメリカ入国です。
税関はゆるく、X線装置に荷物を通過させた後「果物とかアルコールは持ってないね?」と聞かれただけで終了しました。
とにかく人が多いので2時間くらい余裕を持ったほうがよいです。

--

長いイミグレーションを抜けると自由の国であった。はぁ、このイミグレ人多すぎ。こっからバスでロスへ向いやす。


ロスのバスターミナルからノコノコと歩いていると、リトルトーキョーの看板が見えた。こりゃ、久しぶりに日本食にありつけちゃうってこと?ちなみに知らないで歩いてしまったけど、バスターミナルのある「Warehouse District」はあぶれ者がうろついている小便臭い地区なのであまり近づかないようにね。


リトルトーキョー!まるで日本の観光地みたいだ。寿司屋があったり土産屋あったり、久しぶりに街中で日本語見たよん。


移民が作った街でかつて道行く人はほとんど日本人だったのだが、今や従業員は中国人、訪れる人は韓国人とアメリカ人がメインとなってしまったそうだ。


日系のスーパーは日本の食材がわんさか。ここでチャルメラ(日本からの輸入品)5袋パック買いやした。


ダウンタウンにあるシビックセンター。


久しぶりに見た高層ビル群。前いた会社(外資系ですた)のオフィスとからあるかなー、と思ってちょっと探してみたけど…まぁ、簡単に見つかるわけないよな。そういえばここ2,3日の印象だが全体的にアメリカ人って、民度高いなと思った。明るい感じがヨーロッパより好ましい。


お次はハリウッド。地下鉄の出口では、マリリン・モンローがお出迎え。


ここはコダックシアターの隣にあるショッピングモール。大きな像が並んでいるんだが、なんとも形容し難い。観光客で溢れていた。


コダックシアターの入り口。アカデミー賞やるところっすね。


その中。チャイニーズシアターで映画観たり、蝋人形館で動かない3Dハリウッドスター見たり、色々エンターテイメントは揃っているが、いまさらハリウッドではしゃいでもねぇ、って感じでパスした。と言ってみたが、実は金がないだけである。


うわ、「HOLLYWOO D」('O'と'D'の間に半角程度スペースがあるのに注目)の看板ナノちっせー。有名な名所って得てしてこのパターンだな。これ、世界三大ガッカリ候補にエントリーしません?


道ではパフォーマー達がヒーローに扮して盛り上げている。その他、パイレーツ・オブ・カリビアンの…ジャックだっけ?くたびれた老人がコスプレしてた。


マイコーもいるよ。


と思ったらマイコーのブロンズ発見!ざっと歩いて見つけたのは、サンドラ・ブロック、ロビン・ウイリアムズ、ジャッキー・チェン、スティーブン・スピルバーグなどなど。ミッキーマウスもあったな。


西海岸で人気爆発していると聞いてやってきた「IN-N-OUT BURGER」。なるほどレジはだいぶ混んでいるな。


メニューは少ない。バーガーが三種類あるだけで、価格はセットで5ドル前後。BURGER KINGみたいにでかいわけでもなく、トマト、ビーフ、レタス、オニオン、チーズとベーシックな内容だが、マクドナルドよりうまいっす。


ハリウッドを後にし、さんざんバスで迷ってサンタモニカに着いた頃には日が暮れかかっていた。わかってたけど、ロサンゼルスはでかいっす。


サンタモニカはシカゴまで延びるルート66の最終地点すよ。


ルート66グッズ。レンタカーで旅できたら楽しいんだろうな。


太平洋に沈む夕日。日本に近づいたんだが、これから再度大西洋を目指してアメリカ横断しやす。


サンタモニカのショッピングゾーン。日本でもおなじみのブランドがずらりと並ぶ。物欲が沸々と湧き上がる。


おお、アバクロ発見。これまで中南米ではパチモノばっかり見てきたが、初めてホンモノ見てやったぜ。


こんな感じでロス観光終わり。アメリカってテーマパークとかショーとか金を使いたくなる誘惑が多い…さすがエンターテイメントの国だな。おれはしょうがないから、食堂でカレーライスでも食ったろ。ちなみに、お次の街でラグジュアリー旅行者になる予定だ。そう、バジェットではなくラグジュアリーだ。諸兄、諸君、皆応援してほしい。

--
※宿
はまだ宿
2415 East 1st Street, Los Angeles

0 件のコメント:

コメントを投稿