2011/03/31

【メキシコ】サン・クリストバル


街は民族系の雰囲気で観光地化されており、グアテマラっぽい感じの街です。
街の周辺には曜日ごとに民族系のマーケットが催されているのですが、ケツァルテナンゴで訪問したので、この辺の観光はパスすることにしました。

それより興味を惹いたのが、メキシコのゲリラ組織サパティスタの自治区を訪問ができるという情報でした。
サパティスタは先住民族の地位向上のために政府に訴えている組織です。
その昔、サパティスタの女子供50人が虐殺された事件もあったようですが、今では一定の支持を集めているそうです。
また、武力を用いる方法ではなく対話を重視しているので、これも支持を集めている要因の一つのようです。
広く活動を知ってもらおうと、外国人の訪問も受け入れており、特に危険はなさそうだったので自治区を見学してみることにしました。

我々のような一般人が自由に見学できるわけもなく、自治区自体も小さいので見学は30分ほどで終わってしまいました。
お偉いさんに会ったわけでもなく、数ある自治区の一つを訪れた程度でしたが、こういった組織のことを知るよいきっかけになったと思います。

--

ここがオベンティックという所にある、サパティスタ自治区の入り口。サパティスタとはメキシコの反政府ゲリラ組織で、平たく言うと先住民族地位向上のために結成されたのだ。と、さも知っていたかの様に書いたが、ソースはウィキペディアっす。


入場の前にパスポートを提示して、職業やら所属組織なんかを聞かれる。断られることもあるみたいだが、今回はすんなり入ることができた。写真撮影はセンシティブな問題なので一々断りを入れる必要があるが、同行していたM君のコンデジによりそっと撮影した写真。みな目だし帽を被ったり、バンダナを顔に巻いたりしてで顔を隠している。


はっきりいて、見所がほとんどない。というか、観光地ではないし目出し帽を被った兄ちゃんが同行するので、好き勝手歩くことはできないのである。スペイン語を喋れれば、色々質問に答えてくれるのだが、如何せんこちらは英語しかできないのでほぼ沈黙状態。


どの建物もご覧のとおりペイントがされている。ゲバラもいますな。この組織は世界的にも支持されているそうで、今では武力によるデモはなされていないようだ。


組織は農民や先住民族が中心。集会所があったり売店があったりする。バスケットコートもあったな。


お土産もあるよ。これはサパティスタ人形。顔を隠しております。何の前知識もなく訪れたし、スペイン語も喋れないのでものの30分ほど見学して引き上げることとなってしまった。


自治区周辺にいた小学生。さて、サン・クリストバルに帰るとするか。


サン・クリストバルにある丘から撮った写真。グアテマラに近いせいか、雰囲気は似ている。中南米でスパニッシュ・コロニアルを見まくってしまった私には、旧市街地へのパッションがほとんど失せてしまっているのである。


なんとなくアンティグアみたいな感じで、しっかり観光地化されている。メキシコの中では物価が安いので、長期滞在している旅行者も多い。民族系雑貨を売るおばちゃんや子供が多いっす。以下やっつけ気味に写真をアップする。


細かい彫刻が施されているサント・ドミンゴ教会。


マーケットには安食堂がびっしり。


ワッーー!


ぐむむむ…おばちゃんよ、かなりムリがあるぜよ。街はきれいに纏まっていて、いい感じですわ。ほい、サン・クリストバル終わり。

--
※安宿情報
Casa Kasa
Cerrada Brasil No.6B Barrio de Mexicanos Calle Brasil y Rio Mexicano

0 件のコメント:

コメントを投稿