2010/09/11

【ケニア】マサイマラ国立公園


ナイス・サファリでした。

1泊2日の超短期日程を組みましたが、マサイマラ国立公園は動物数も種類も多いので、満足することができました。
詳細は写真にてコメントします。

お次は、キリマンジャロを眺めに行ってきます。

--

ツアーガイド兼ドライバーのジョセフ。「エヘッヘッヘッヘ~、エヘッヘッヘッヘ~」と1分毎に笑う、陽気なおっちゃんなのだ。よろしく頼むぜ!


グレートリフトバレー(大地溝帯)。ここを突っ切った、その奥にマサイマラ国立公園があるのだ。


グレートリフトバレーの底を突っ走る。


国立公園入り口あたりにある、マサイ村に訪れることができる。まずは、ひたすらジャンプする踊りで歓迎だ。


火を起こす実演もしてくれる。結婚するにはライオンを短剣と槍だけで倒さなければならないと言っていた。戦闘民族マサイ族。


女性も踊りを披露してくれる。


マサイ族の子供たち。顔についているハエはうざったくないのか?


いよいよ、ゲームサファリ開始だ!バンの天井が大きく開く様になっていて、そこから外が見られるようになっているよ。


バッファローの群れに遭遇。日本人7人と行ったのだが、動物が姿を現すたびに、「うぉー、すげー」の大合唱。写真撮りまくり。


とにかくジョセフの視力には驚かされる。遠くの茂みを指して、あそこにライオンがいるぞ、と教えてくれるのだが我々には点にしか見えないのだ。伊達に十数年もガイドをやっているわけじゃないんだなー。


ジョセフの大胆な行動にも驚かされる。動物にはあまり近づかないようにして、遠くから眺めるのが基本なんだが、時には寄りまくりの大胆かつ御法度な行動にも出てしまう、サービス精神旺盛なジョセフ。「写真撮れたか~?えへっへっへ~。」


サバンナの日の出。


動物図鑑ではないので、すべての動物のコメントは控えるが、結構満足できる種類の動物が見られる。アルバムにはアップしているので興味のある方はどうぞ。


ニコンD3 + 400mm F2.8 + テレコン×2 という、100万円以上する夢のような装備で写真を撮っていた外国人。この人、プロっすね。今回は見逃すことはないといわれているアフリカゾウが見られなかっただけで、大体の動物に会うことができやした。満足っす!

4 件のコメント:

  1. すてきだ〜〜サファリツアー!!!
    羨ましい〜〜
    やっぱり排泄物臭とかはすごいの?
    行ってみたいなぁ
    猫科猛獣かわいい☆

    返信削除
  2. 動物園とは違い、臭いはほとんどないっすよ。
    自然の中だからね~

    返信削除
  3. 大自然は臭いはないですよね。ただマサイ族の集落は水牛の糞がいっぱい溜まっていて臭いし、蠅がたかってきますよね!

    返信削除
  4. そおっすね、マサイの家が臭いですから。
    多少ハエにやられたくらいでした。

    返信削除