2010/04/30

【ラトビア】リーガ


日本ではゴールデンウィークに突入でしょうが、こちらは休まず営業…ではなくて旅を続けていきます。

バスに揺られること5時間で、ヴィリニュスからリトアニアの首都リーガに行けてしまうのですが、緯度が上がってきているからなのか、この国のGTMの設定がおかしいのか、リーガに着いた午後九時くらいになってもまだ明るいです。

こちらも旧市街地巡りが観光の目玉です。
ラトビアの方がリトアニアより若干発展している感じです。
だいぶ瑣末な国なので差異があまり見出せませんが…。

お次は、旧共産圏の親玉、ロシアからです。

--

旧市街地の中心に立つ聖ゲオルギ教会。でかいのう。


教会の中もレンガ作り。やたらとピカピカしていたり、木造りだったり、内装は教会によって違うんですな。


落書きはやめようぜ。っていうか、旧共産圏は落書き多すぎ。こんなやつらはいくら祈っても救われんな。


ブラックヘッドの会館。面白い作りだな。由緒は…忘れた。


よーく見ると、上の盤で月の満ち欠け、中の盤で月・日・時・分、下の盤で曜日を示しているんですね。なるほどー。


リトアニアの国旗ってえんじ色に白だったのか。


城壁。リーガの方がヴィリニュスより街歩きが面白いな。


猫っ、あぶねーぞ。


サムライズ!日本食って人気あるんだなぁ。そりゃ、美味いもんね。


お次は旧市街地から少し離れたところにある、ユーゲントシュティール建築群。建物にちょっと奇天烈な彫刻を付けるのが一時期流行ったそうな。


痛そうな顔だ。あご外れてるのか?


もはや人間じゃないだろ。はぁ、すんげー雨降ってきたのでもう観光は終りっす。

0 件のコメント:

コメントを投稿