2010/04/26

【ポーランド】ワルシャワ


ワルシャワのイメージは事前になく、旧社会主義の様相かと思っていましたが、駅を降りると近代的な建物が並んでいて久々にビル群に囲まれました。
街も公園も奇麗に整備されていてとても明るい雰囲気です。
それに、ポーランドは有名な科学者や音楽家を輩出している国だったんですね。

ヨーロッパに入って以来、ホステルを利用しているのですが、以前より増えているのではと思われます。
というのも、ユースホステルしか安宿はないと思っていましたが、小奇麗で西洋人ウケするような派手目のホステルが多くあり、互いにサービスを競い合っているように見えます。
特にドイツやフランス、北欧からの若い旅行者が多少物価の安い東欧を訪れて、リーズナブルなホステルを利用していると言った印象です。
おかげで宿探しはとても楽です。

お次はバルト三国からお届けです。

--

ワルシャワ駅前にあったショッピングモール。近代的な造形だ。日本でもおなじみのZARAとかH&M、MARKS&SPENCERなんかも入ってたな。


高層ビルもあったりして、一瞬東京を歩いている気分になれたぞ。トラムも他の東ヨーロッパと違って新しくてきれいだ。


でけー!時計塔。スターリンからの贈り物なんだって。


旧王宮広場。気持ちいいっすねー。


旧市街地は戦争で廃墟になった後、ポーランド人がそっくりそのまま作りなおしたらしい。


ど根性ですな。うん、きれいでお洒落っすね。


カフェではお姉さんも、雰囲気出した衣装で旧市街地を演出しているぞ。


旧市街地でおっちゃんが手彫りでつくっていた、彫刻のお土産。


首相官邸前。そう、最近ポーランドの大統領が飛行機事故で亡くなったのです。官邸前の道は追悼で使われたと思われるロウでベトベトになっていた。ランプや花もたくさんた手向けられていた。


公園の外檻には大統領の追悼式の様子のパネルが貼ってあった。そういえば、クラクフでも追悼パレードみたいなのをやっていたけど、大統領のだったのかな??


チョピン(Chopin)で誰やねん?とおもったら、ショパンでした。おお、ポーランド出身だったとは露知らず。他に物理学者キュリー夫人やコペルニクスもポーランド出身らしいぞ。


この石から微かにショパンの曲が流れていたが、知らない曲だった。英雄ポロネーゼだったらテンションあがったのになー。

0 件のコメント:

コメントを投稿