2010/01/31

【パキスタン】ギルギット


ラホールから30時間かけてギルギットに来ました。
この辺りは「風の谷のナウシカ」のモデル地と言われていて、カラコルム・ハイウェイの山々が見所です。
ただ、今はオフシーズンで観光客はほとんどおらず、枯れ木ばかりで少しさびしいです。

ギルギットは山の中の小さな町なので歩いて廻ることにしました。
周りはでかい山に囲まれていて、風光明媚なところです。
人々の顔立ちは中東系というより、ロシアとアジアの中間のような感じで、パキスタンの都市部とは違っています。
しかも親切な人が多いです。チャイを御馳走してくれたり、ホテルまでバイクで送ってくれたりとインドとは大違いです。

宿に兄ちゃんと今のパキスタンの状況やイスラム文化についてインタビューしてみました。

「今パキスタンは危険な国なのか?」
→「一部を除き危険ではない、アメリカの報道が誇張しているだけだ。観光客が激減して困っている。」

「パキスタンの生活水準は高くないがなぜか?」
→「教育に関する援助が少なすぎる。一部の富裕層が世襲的に高等教育を受けている。一般市民がよい教育を受ける機会がない。」

「街で女性をほとんど目にしないが、結婚の機会はどう得るのか?」
→「女性は基本的に家事をする。結婚はお見合いが多い。お見合いの方が結婚後に成功する確率が高い。」

大方こんな感じの回答でした。
酒も飲まず、娯楽も少なく、イスラムの戒律を守っているとはかなりまじめな人たちだなと思いました。

--

ギルギットへ行く途中のバスターミナルにて。カメラを向けると張り切って籠を頭に載せ渋い表情を作ってくれた。


カメラ向けても、しーはしーは、と歯磨きをやめない冴えない青年。


なんでか知らんが、皆競うようにトラックをデコレーションする。中にはかなり細密な絵を描いているトラックもあるほどだ。


カラコルムハイウェイはこんな崖っぷちを走っていく。この川は世界史ででてきたインダス川だ。


肉屋のおっちゃんが生肉咥えてポーズを取って見せてくれた。なんだかよくわからんが、スゲー気合入ってる。


ギルギットの子供たち。この辺は下界のムスリムとは異なり、多少緩い戒律でスタイルも異なる。写真とは全然関係ないが、スタジオジブリからここは「風の谷のナウシカのモデル地ではないよ~」とのコメントがあったとか、なかったとか。


街中にはフンザ川が流れる。


満席のバス。この辺りは崖崩れが多く、最近も大勢死者が出る事故があったらしい。


でっかい山っていいっすねー。

0 件のコメント:

コメントを投稿