2010/01/15

【インド】デリー


デリーは首都だけあって道路も広くて歩きやすく、多少まともなインド人もいるようなので、これまでの観光地よりはマシです。

とはいえ、ここはインドです。
そうは問屋がおろしません。
カースト制のせいなのかよくわかりませんが、仕事の効率が悪すぎるのです。
宿泊している宿には結構な人数の従業員がいるのですが、いつもフロントのソファーでテレビばかりをみています。
ある日、シャワーが水だったので、温水にするよう要求すると、30分で温かいのが来る、といい、その日は確かに温水が来ました。
あくる日、またシャワーが水だったので文句を言いに行くと、また30分で温かいのが来るといいますが、一向に温水が出る気配がありません。
インド人のことだから、しゃーないなと思いつつも再度要求すると、従業員を呼び出して「おい、お前スイッチ入れたのか?」と聞いています。
「あぁ。」とかいって、その従業員はスイッチを入れに行ったようなのですが、どうやらこいつはスイッチを入れるためだけにいるのでは?と思われました。
要するに、全ての作業は分業化されていて、マネージャ以外が他人の仕事に干渉することもなく、また、自分の仕事以外は一切やらない、という風に感じました。
この徹底的な分業制とヒエラルキーは、インド人を拘束するかなり根深い問題なのではと思われます。
ちなみにこいつは、次の日、温水が出ないと文句を言うと、バケツとヒーターを持ってきて、「こいつで水を温めろ」という始末です。
一々、疲れるやつらです。

最近、風邪気味です。
寒い中、長時間列車を待たされたり揺られたりしたせいかもしれません。
今日は休息日にします。

--

列車で会ったインド人たち。こいつらほんと不思議な民族やな。


列車の様子。ボロいんだけど、インドを旅するには避けて通れないのだ。


デリーの安宿街。ここのインド人は多少旅行者慣れをしているせいか、毎回ぼってきたり、しつこい客引きはない。


このタクシー群に不用意に近づくと、グッドプラーイス!と叫ばれ、腕をつかまれたり、無理やり押し込まれたり、お金取られたり、目的地にたどり着かなかったりするので気をつけよう。


チャリとバイクとリキシャで激しく入り乱れるオールドデリー。どけっ!あぶねぇ!まっすぐ歩かせろ!


ライトアップされたインド門。この辺は警備が行きとどいているので、わけわかんない輩はいない。


そこかしこで小便するインド人。もはやマナーとかモラルとかそんなもんは皆無の国。しっかし、臭くてしょうがないじゃないか!

2 件のコメント:

  1. やはりインドは電車なかなか来ないんですね…。
    比率的にも長時間まつほうがおおいのかな・・・

    返信削除
  2. >ぷらとさん
    久し振り!
    始発だと遅れることは少ないよ。
    でも平気でリスケするよこいつら。

    返信削除