2010/01/19

【インド】ジャイプル


ピンクシティと呼ばれているジャイプルに来ました。

夜に到着したので街の様子はよくわかりませんでしたが、朝、外を見てみると久々に晴れていてデリーより暖かいです。
ここも観光地なのでウザいインド人がたくさんいるであろうと思い、気を引き締めて街の中心部にあるシティパレスに向かいます。
大抵ホテル周辺が旅行会社の斡旋やらリキシャのおっさんが屯っていてイライラさせられるのですが、無視していると意外とあっさり諦めます。
カジュラホとアーグラであしらい方を鍛えられたかもしれません。

城壁内に入ると商店などの壁の色がピンク(というより赤茶色)に統一され、貴金属店やサリーなどの店が増えてきました。
店のおっさん達は特に客引きなどもせず、道を聞くと簡単に教えてくれ、デリーなどに比べて人が少し丸くなっている気がします。

風の宮殿・シティパレスなど定番の観光地はそこそこ見応えがありました。
シティパレスでは珍しく日本のツアーの団体客に遭遇し、旅の経緯を説明すると関西弁のおばちゃん達に「頑張れよー」なんて言ってもらえました。
ちなみにここは現役のマハラジャ(いまだにいるんですね!)が住んでいます。

明日はジョードプルに行きます。

--

街の中心部。壁面はすべてピンクに統一されている。


風の宮殿の外側。おおよそ1000の小窓が付いていて、宮廷の女性たちが外を伺っていたという。


これが内側。黄色の壁が多く使われている。


ピンクというより、イエローシティーじゃないかなぁ。


18世紀に造られたジャンヤタル・マンタルという天文台もある。別料金なので入場しなかったが、昔のインド人は天文に興味があったとは意外だ。


シティパレスの周りには、珍しく日本人のツアーの人たちがいた。


きれいっすねー。宮殿は日本人の団体ツアーにも組まれているのだ。


現在も住んでいるというマハラジャの月の宮殿。外にはたくさん物乞いがいたりするのに、この格差はインドならではなだんぁ。


暇そうな金物屋の兄ちゃん。


0 件のコメント:

コメントを投稿