2009/11/21

【ミャンマー】バゴー


バゴーに寄って、崖から落ちそうな岩の上にあるパゴダ、「ゴールデンロック」を見に行こうと思いましたが、モトバイのおっちゃんに聞いてみると、バゴーからは遠く途中歩いて山を登る必要があるとのことで、断念しました。
ミャンマー脱出の日も迫っており、夜行バスで朝着いたのできついかなぁと思いました。

といってもバゴーにも見所があります。もちろんパゴダですが…
モトバイのおっちゃんが5ドルで一日観光地を廻ってやるとのこと。
最後だし、楽しようと思いお願いすることにしました。
おぉ、と唸らせるのは、114mのミャンマーで一番高いパゴダと、85mある寝釈迦です。
ミャンマー人の多くは敬虔な仏教徒なので、呆気にとられている私の横ではパゴダに向かってお辞儀をしたり、お賽銭をあげたりしていました。

バゴーからヤンゴンは久々に列車を利用してみました。
もちろん満員状態の最下等クラスで揺られていきます。
車窓からはひたすら田園風景が流れていますが、駅が近くなると汚い服を着た子供たちが遊んでいたり、お菓子などを売りに来ます。
この国では宿や食堂で子供が働いて(手伝って?)いることは珍しくありません。
毎日ある停電、バス移動中のにやたらと多い検問、発展していない経済など軍事政権は国民にとってまったくメリットがなさそうです。

--

ミャンマー最終章も仏像とパゴダのオンパレードで締めくくる!114mあるというミャンマー最強のパゴダ、シュエモードーパゴダ!でかすぎて写真に収まりきらないぞ。


40mもある最強の仏像×4体。


そして80mもある最強の寝釈迦。


足の裏も激しく何か描かれている。


もはや何体いるのか、よくわからんたくさんの仏像。


最後にピカピカのマハーゼディー・パゴダ。バゴー、激しすぎっ♪

--
宿
Emperor Motel
68/2, Main Rd. Bago

0 件のコメント:

コメントを投稿