2009/11/13

【ミャンマー】ヤンゴン


早速ミャンマーでブログを更新…と思いきや、規制の為かブログサイトにアクセスができません。
ダメ元でネットカフェの人に訴えると、SSLを使ったプロキシ経由のアクセス方法を伝授してもらいました。

ミャンマー人の印象は、東南アジアの中で最も人がいいのでは、と思います。
挨拶をすれば笑顔で返ってくる、何かを尋ねればきちんと回答をしようとする、など気遣いのできる人が多いように思います。
これに反して、政治・経済はうまくいってるとは言えません。
カンボジア程ではありませんが、貧しい感じがします。

ミャンマーならではの見どころはパゴダ(仏塔)と寺しかなさそうですが、ミャンマーの国と人を楽しみたいと思います。
今は乾期で最も旅行のしやすい季節ですが、日中は30度以上でかなり暑いです。
日本の秋が恋しくなりました。

今回、この旅で初の飛行機を利用しました。
ミャンマーは陸路での通過ができないなどの制約があるためです。
なので、帰りも飛行機で一度バンコクに戻り、インドに向かうことにしました。

明日の夜行バスでマンダレーに移動します。

--

ヤンゴンの街並み。うーん、お隣のタイとは格差がありすぎるぞ。


植民地時代からありそうな建物ばかりだ。排気ガスやらで黒ずんで汚い。


唯一キレイだった時計塔。それにしても、外国人いねーな。


ヤンゴン名物、豪華絢爛のシュエタゴンパゴダにやってきた。


ミャンマーといえば、やはりパゴダだ!これからゲップが出るほど見ることになるだろう。


いやー、立派なもんだ。街は汚いが寺院やパゴダはキレイにしているんだな。


暑くて皆、死んでおります…


夕方になると皆さんお掃除を始める。なかなかよかったっす、シュエダゴンパゴダ。


街の中心部にあるスーレーパゴダ。夜はライトアップされる。


暑い中頑張って観光した後はやはりミャンマービールに限る。缶より生ビールの方が安いと後から知った。


なんとドコモショップ・ヤンゴン支店を発見してしまった。プランの変更をお願いしやーす。

--
宿
Tokyo Guest House
200, Bo Aung Kyaw St., Botataung T/S Yangon

Golden Smile Inn
644, Merchart Rd., Pabedan T/S Yangon

追記 2015/8
遂に、ミャンマーとインド間の国境がオープンしたようです。
アジア横断の大きな壁となっていたミャンマー陸路越えですが、これで東南アジアを経由して(タイ→ミャンマー→インド→バングラデシュ/ネパール)の横断ができます。
ミャンマー側はTamu(タムー)、インド側はMoreh(モーレ)という町で、ミャンマー側でパーミッションが必要なようです。
https://www.lonelyplanet.com/thorntree/forums/asia-south-east-asia-mainland/myanmar/myanmar-india-land-border-crossing-at-tamu-moreh-open

あらかじめ、バンコクあたりでミャンマー、インド(マルチ)、バングラデシュのビザをまとめて取得しておくとスムーズですね。




0 件のコメント:

コメントを投稿