2009/11/16

【ミャンマー】バガン


三大仏教遺跡のあるバガンにいます。
自転車を借りてパゴダを見に行くことにしました。
埃っぽい道を走ること20分、赤茶けた草原の中に大量のパゴダが出現します。
ガイドブックによると3000くらいあるそうです。
最近作られた金ぴかのパゴダより、古ぼけたバガンのパゴダの方がよいなと思います。
中でもシェサンドーパゴダは大きくで塔の上に登ることができるので、たくさんの観光客がいます。
あたり一面にパゴダが生えているようで絶景でした。
今日は残念ながら曇っていたのでサンセットは見れず。

マンダレーではリタイヤしたおやじさんと同宿して、いろいろミャンマー情報を教えてもらいました。
ミャンマー人は親切な人が多いですが、中国同様に道にゴミが多いのが気になります。

それにしても停電が多いです。ブログ書いている間に3回は停まりました。。。

--

平野の中から突如現れた、古ぼけた巨大パゴダ。


中にはちと目が離れた仏像が。


ちゃりんこで回っていると、女の子が話しかけてきた。なかなかオサレにタナカを描いている。


巨大パゴダの上からの眺め。平原にいくつものパゴダが生えている。よくもこんなに作ったもんだ。


360度すべてパゴダだ!


翌日、山の上に寺院があるというポッパ山に行った。山というか巨大な岩と言った感じだ。


ポッパって猿って意味ですか?と思わず訊いてしまうほど野猿が多い。また、こいつらが凶暴でリュックに乗っかってきたり、菓子を盗ったりして被害者の数は知れず。


ひーこら山頂まで登ると、またしてもパゴダだ!


快晴で眺めは最高。


ポッパ山を降りると、子供が化粧をしてなにやら儀式めいたことをしていた。日本でいう七五三みたいな感じかな。


ミャンマーは20年ほど前の日本の中古車が大活躍している。活躍しすぎて、内装がなくなって金属むき出しになっているものすらあるのだ。ここまで国民を貧乏にしていいのか!

--
宿
Pyinsa Rupa Guest House
Main Rd.

0 件のコメント:

コメントを投稿