2010/03/08

【トルクメニスタン】トルクメンバシュ


トルクメニスタンに飽き飽きしていたので、トランジットの5日間より早くフェリーでトルクメンバシュからアゼルバイジャンの首都バクーに向かうことにしました。
フェリーターミナルに行くと、20人程のトルクメン人が既に待機していてそろそろ船が来るのかな?とタカをくくっていましたが、ここからが辛抱の始まりです。
フェリーいつくるのか係員やその辺のトルクメン人に聞いても、わからない、の一点張りです。
わけわからないトルクメン人が絡んでくるし、かといってやることはないし、これから行く旧ソ連圏は大丈夫か?とイライラしながら待っていました。
ターミナルの待合室で過ごした2日目の夜、ビザの期限が切れてしまうことをイミグレーションの係官に言うと、スタンプは押してやるからここで待て、とイミグレ前のベンチをさします。
もはや英語の通じない彼らに何を言っても無駄だと思い、さっさと寝袋に入って寝ることにしました。
結局3日目の早朝にやっとこさおんぼろフェリーが到着しいざ船内へ入ることができました。

もう、勘弁してくれ。

--

トルクメンバシュへは列車で行こうとしたんだが、切符売り場では大量のトルクメン人が並んでいて、結果売り切れ。ってことで困っていたら、「飛行機が安いわよ」と気の利いた女性が教えてくれた。なんと18ドル!国が飛行機代を安くしているらしい。それなら最初から飛行機選んでたわ。



港町トルクメンバシュ。カスピ海に臨むこの街をドバイ並のリゾート地にする計画があるらしい。


こんな感じ。特に見所なく野暮ったいトルクメニスタンにだれが来るんだ?天然ガスで儲けるのはいいけど、金の使い方のセンスが感じられないなー。


フェリーターミナル。見た目は新しくてきれいだが、働いている係官、軍人のバリューはゼロに等しかったな。我々同様3日間何もしていなかったぞ。


ターミナルの待合室。ここに3日間もいることになるとは…。ちなみにドアの上に貼ってある肖像は故ニヤゾフ前大統領。さすが、中央アジアの北朝鮮と言われるだけあっていたるところに露出している。もう、たくさんだ!


船から撮った港湾の様子。ガシガシ開発している模様。


Goodbye forever!
もう、こんな気持ちの悪い国に来ることはあまい。

2 件のコメント:

  1. トルクメニスタン。
    初めて聞いた、目にした、そして二度と耳に目にしないんだろなぁ。

    ターミナルに3日間ですか_| ̄|○
    お疲れさまさま。

    返信削除
  2. こいつは、トップ3に入るくらいの辛さだったな。
    冷たいベンチに2泊…

    返信削除