2010/02/19

【ウズベキスタン】サマルカンド


サマルカンドに行きたいがためにわざわざ中央アジアのくんだりまで来ました。

タシケントではビザ取得の最難関?といわれるトルクメニスタン大使館(通称バラモス城)に行ってきて、一回戦目は勝利(ビザ申請受理)しました。
ここは入館するために朝6時ころに出向いて入館リストに名前を書かなければならず、午前中の2時間の間に名前が呼ばれなければ申請ができないといった、面倒くさい手続きが必要なのです。
始発のメトロに乗ってリストに書きに行くと、なんと1番!
なかなか幸先がよいです。
しかし、申請が受理されてもお粗末な仕事しかできない大使館員のせいで処理がなされていないとかで3週間も待たされたり再申請した旅行者が多くおり、油断は禁物です。

申請中は観光にいくことにしました。
サマルカンドのメドレセは素晴らしいです。
久し振りにいい観光ができました。

偶然ですが、泊まっていた宿の息子の結婚式の誘いを受け、滅多にないことなので予定を変更して出席することにしました。
式は午前中から始まります。
新郎は伝統的な服(王様みたい)を着て、新婦はウエディングドレスを着ていました。
新郎と大勢の新郎の親族・友人たちが新婦の家に迎えに行き、ランチをいただきます。
儀式の意味はよくわかりませんでしたが、蜂蜜が出てきたり、札束を投げたりして、この辺りはウズベク流と思われました。
その後、サマルカンドの主要観光地を回って記念撮影をします。
その間、友人たちは歌えや踊れやで盛り上げまくってます。
披露宴では、久々においしい御馳走をいただき、ここでも友人たちは踊りまくりです。
外国人がいるということで、いろんなテーブルに呼ばれまくり、ウォッカ注がれまくり、フロアに来いといわれ踊らされまくりで、楽しかったです。
基本的に新郎新婦は黙って座っているといった感じで、友人たちと騒ぐことはありません。
最後に新婦を新郎の家に送り終了です。
新婦は40日間家から出てはいけないといっていました。可哀そう過ぎですね。

--

非公開のミナレットから撮ったレギスタン広場。警備員が小遣い稼ぎのために、こっそり登らせてくれるのは有名な話。でかいしきれいだし、すげーな。


シェルドル・メドレセ。メドレセとは神学校のこと。こりゃー立派だよ。


内部の天井には細かい施しが。


学校の先生かな。


全容はこんな感じで迫力満点。


夜のレギスタン広場。中央アジア最強だな。次の日も眺めに行ってしまった程だ。


レギスタン広場の周辺は整備されている。ちょっときれいにし過ぎでは?というくらい、道は舗装され商店はどれも新しい。


こちらはグリ・アミール廟。こちらの先端部分も青が使われている。


先端をドアップで。


細い路地に所狭しと廟が並んでいる、シャーヒズィンダ廟群。


レギスタン広場のメドレセより濃い青だ。


彫刻も細かくて目がチカチカしてくるほどだ。


結婚式を盛り上げる楽隊のみなさん。


そして新郎新婦の入場だ!ウエディングドレスなところが西洋風?


披露宴では久しぶりの御馳走が並んでいた。チーズやらハムやら南アジアではお目にかかれなかったので、かなり感謝!ワインもビールも飲み放題!


会場では生バンドとカラオケに合わせて踊りまくりだ!

4 件のコメント:

  1. おいすー^^
    Takaくん、Googleのバズ知ってる? Twitterみたいなやつ。フォローしておいたから、暇なときフォローしておいておくり。

    返信削除
  2. フォローしました!
    バズちょっと研究してみまーす。

    返信削除
  3. おいすー^^
    見知らぬ外国人を、結婚式に参列されるところが、異文化ですね〜 日本では考えられない...
    そーゆー経験できて羨ましですわ。

    バズ確認しました。てきとうに呟きましょう。
    お礼にアマゾンのアフリエイト踏んで、本予約してみました。20円くらいにはなるよ。お小使いです(笑)

    返信削除
  4. お小遣いありがとうございます。

    結婚式には宿に泊まっていた全員が呼ばれました。
    パキスタンでも結婚式前夜祭?の前をたまたま通りかかって、お呼ばれしました。
    アジア人は基本フレンドリーですね。

    返信削除