2011/01/17

【ペルー】トルヒーヨ


のべ一週間ほど滞在したリマを後にし、北上を開始することにしました。
ペルー北部はポツポツとプレ・インカの遺跡があるようなので、その辺を観光しつつエクアドルに入る予定です。

マチュピチュやナスカなどの有名所と違って、さすがにトルヒーヨでは観光客がグッと減りました。

--

お決まりのアルマス広場はさっさとスルーして、世界遺産に登録されているチャンチャン遺跡に行ってみることにした。マチュピチュ見たしもう遺跡はいいんじゃね?って感じだが、せっかく来たし、まぁとりあえず的なノリっす。


バックパッカーたる者、ツアーに参加せず自力で目的地を目指すべし、という掟に従い路線バスを使って遺跡を目指したのはいいが、バスは遺跡の前を華麗にスルー。おいおい兄ちゃん、ちゃんと行き先告げておいたのによ…結局終点のワンチャコ海岸まで行ってそのままバスで折り返してきやした。おまけに、降ろされた地点からさらに20分ほど砂漠の中を歩かなければならん始末…帰っていいっすか?


と文句いいつつも、やっと着いたぜチャンチャン遺跡。チムー王国という12世紀ころの遺跡らしい。チャンチャンとはなかなかカワユイ名前じゃないか。


魚と鳥のレリーフかな…こいつもカワユイな。


遺跡自体は結構広くて値段の割には見ごたえはある。基本、粘土のようなレンガで造られている。それにしても人少ねー。


長い回廊。期待度が低かっただけに、まあまあ楽しめたかな。


チャンチャン遺跡のチケットで入場できるという博物館にも来てみたが、こいつがガッカリだった。展示スペースも狭いし、大して見るものもない。この手の博物館に行くなら、リマの考古学博物館の方をお勧めします。


はぁ、つまんね…


気を取り直して、ワンチャコ海岸へ来てみた。地元民で賑わっていい感じじゃない。この船は、トトラという植物で作った舟。ティティカカ湖にもあったよ。


トトラ舟のクルージング。楽しんでいるかー!?


沖では頭オーバーのうねりが入ってきている。ペルーって外洋に面しているからサーフポイント多いのかも。


独り者なもんで海水浴はやめておいたが、ビールくらいは飲みたいところだぜ!つまみはイカのフライとサツマイモっす。


翌日、バスの時間まで暇だったので「月のワカ」という遺跡に来てみた。モチェ王国という紀元前後の遺跡だ。


ここはデカイ祭壇みたいな感じで、かなり昔のものだが色使いの跡が見られる。


モチェ文化はナスカと同じ時代のモノだそうです。


こいつはお隣にある「太陽のワカ」。まるで泥の山っす。上に登れるみたいだが、バスの時間も迫っているのでこの辺でお暇しやす。

0 件のコメント:

コメントを投稿